ユーティリティ選びのコツ

ユーティリティ選びのコツを知れば、あなたにあったユーティリティの選び方がわかる。

ユーティリティ選びのコツ

Utilityユーティリティを選ぶ

ユーティリティは頼りになるゴルフクラブ

ユーティリティを選ぶ

ロングアイアンは難しいのでユーティリティをゴルフバックに入れるゴルファが多くなっています。

ゴルフは飛距離があると有利なスポーツ。残り距離がある場合、グリーンを狙うにはフェアウェイウッドかロングアイアンで打つしかない。しかし、3番ウッドやロングアイアンはアマチュアにとても難しいクラブの1つ。そんな時、頼りになるのがユーティリティー。

ユーティリティはフェアウェイウッドよりもシャフトが短く、スイングしやすくロングアイアンよりもボールが上がりやすい。

ユーティリティの打ち方は、アイアンと同じようにターフを取るような感覚で打てばいい。アドレスをとった時も、慣れているアイアンと同じなので安心して構えられる。

そんな、ユーティリティをチョイスしていないあなたはゴルフが楽しくないと思っていませか?

アイアン型ユーティリティは吹き上がらない

アイアン感覚で打てるアイアン型ユーティリティ

アイアン型ユーティリティは吹き上がらない

ロングアイアンは苦手だけどアイアン感覚で飛ばしたいそんな人にはアイアン型ユーティリティーがオススメ。どうもフェアウェイウッドが苦手、アイアンの方が安心感がある人向けのゴルフクラブ。

アイアン型ユーティリティーは風が強いアゲンストときも有効。フェアウェイウッドだとどうしても球が上がりやすいので、ボールが風に押し戻されてしまします。その点、アイアン型ユーティリティーは、比較的低い弾道でボールが吹き上がらないので思い切って振っていけます。

PageTop へ